2017年1月15日 (日)

スター・デストロイヤー(ビークルモデル BANDAI)を使って深度合成で遊んでみた

バンダイビークルモデルシリーズのスターデストロイヤーを使って深度合成で遊んでみた。

Sdout99992s

上の写真は、以下の7枚を合成したもの(星は別合成ですよ。念のため(^^;)。

それぞれは一部にしかピントがあっていないけど、上の写真は全体的にピントが合っているようにみえる。

使ったレンズでは一番ぼけるF5.6っていう絞りで撮ってるんだけど、それぞれのピントが合っているところだけが合成されていて一見合成したものかどうかはわからない。

よく見たらあらがあるけど、 もうちょっと絞って、合成枚数も増やしたら、もっとよくなるかな。

まあ、まずはテストということで。

Sdp1090669

Sdp1090670

Sdp1090671

Sdp1090672

Sdp1090673

Sdp1090674

Sdp1090675

前回のザブングルの時は、いちいち手でピントをずらして撮影したけど、 今回は新しく買ったカメラ「OLYMPUS E-M10 Mark II」のフォーカスブラケット機能ってのを使用。

この機能を使うと、自動でピントをずらしながら撮影してくれる。ずらす量も10段階で変更可能で、なんと最大999枚まで撮れる!!

残念ながら、E-M10 Mark IIにはカメラ内で合成する機能はついてない(上位機のE-M1にはついてる)んで、今回も撮った写真をPCに取り込んでCombineZPというソフトで合成している。

ソフトの入手方法や使い方はいろんな方がネットに書いておられるのでそちらを参考に。

おおまかな手順は以下の通り。

  1. CombineZPを起動する
  2. NEWアイコンを押して合成するファイルを選択する(ピントの順に連番がついていること)
  3. ドロップダウンロストで「Align and Balance Used Frames (Thorough)」を選択してGOアイコンを押す (QuickよりThoroughのほうが時間がかかるが背景との境目がきれいになる気がする)
  4. ドロップダウンロストで「Pyramid Do Stack」を選択してGOアイコンを押す(いろんな合成モードがあるけど、これがよい気がする)
  5. Shrinkアイコンを押して周りの不要部分を取り除く
  6. Saveアイコンを押して保存する

以下、いろんな角度から。

まずは後ろ。色は311番+白少々です。

Sdout99995s

正面。合わせ目処理は手抜き(^^;;

Sdout99996

また後ろ。エッジの処理も手抜き(^^;;;;;

Sdout99999s

ちょっと前に流行ったジオラマ効果の写真の逆で、全体にピントが合っていることで、小さい模型でも巨大間が出せるはずなんだけど、どうでしょう。

影がぼやけているんでいまいちかな。

太陽光で撮るのがよいかも。

せっかくなので、ほかの例ものせてみます。

これはスピーダーバイク。全部にピントが合いすぎていてなんか妙な感じ。

Sbout99993

次はヤマト2199。

これなんか、他の艦との境目も目立たなくてうまく合成できてる。

Yamatopylamiddostack

これが最初の1枚

Yp1030399

こちらが最後の1枚。

Yp1030408

最近パナソニックも深度合成機能を推してるみたいなんで、これから流行るのかな。

以上おしまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 1日 (日)

2017年

明けましておめでとうございます。

2017

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月31日 (土)

スーパーミニプラ ザブングル 完成!

♪はやてのよ~に~~ザブングルです。

青空バックが似合うねえ。

Xapc250282

プロポーション最高です。

Xapc250238

成形で疲れたんで、エアブラシ吹いた後、軽く墨入れしただけのお手軽仕上げ。

背中の窓枠は、ファレホ筆塗り。

いろいろと塗り残しがあるなあ・・・

Xapc250241

ライフルは、スコープ?のところを成形したんで多少は見栄えがよくなってるかと。

Xapc250242

メットの白や口の黄色は塗り分けが難しくて結構あらが目立ちます。

が、私の腕ではこれ以上はムリ。

上腕は最後にはめたんで接着も成形もしてないまんまです。

Xapc250275

RGのRX-78と2ショット。

ちゃんと1/144にしてくれてるってのがわかります。

Xapc250269

ギャロップとトラッド11は、そのうち作ろう。

Xapc310336

ということで、良いお年を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

VF-1D ガウォーク (1/72 HASEGAWA) その1

ひさしぶりにマクロスから懐かしいTV版のVF-1Dを作っております。

Gw1618

基本的に素組でいくので、普通に組んでるだけです。

ガンプラと違って、合わせ目消しは必須です。

Gw2022

いつもの田宮ホワイトパテで成形中・・・

Gw2026

そうそう、インテーク?のパーツは、上側に付けたほうが位置が決まりやすい気がします。

Gwpc310321

完成は来年ですねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月18日 (日)

オーラバトラー ドラムロ (1/72 BANDAI) その4(完成)

ドラムロ完成!

Dr180093

最小限の改造で、結構ましになった気がします。

Dr180083

オーラコンバーターの色がちょっとあってないねえ。

墨入れもしてなかった。あとでやろう。

Dr180087

アップにしたら目の塗り分けのあらが・・・

Dr180067

結局、膝関節は曲がらない状態になっております。

羽はキットのまんま。

あと、爪類金属っぽくてオーラバトラーらしさがないなあ。

Dr180060

で、今回の写真は新しく買った OLYMPUS E-M10 Mark II で撮影。

Omd_0014

試しにアートフィルターで撮った写真をのっけてみます。

まずはノーマル。

ちょっと暗めの室内で撮ってるんで色がくすんでます。

Dr180098

これはポップカラー。

Dr180099

ファンタジックフォーカス。

Dr180100

デイドリーム。

Dr180101

ライトトーン。

Dr180102

ラフモノクローム。

Dr180103

トイフォト。

Dr180104

ジオラマ。上と下がぼけて、色合いがちょっと派手になってるのかな。

Dr180105

クロスプロセス。

Dr180106

ジェントルセピア。

Dr180107

ドラマチックトーン+スターライト。

一番最初の写真もこれ。

Dr180108

リーニュクレールII。

Dr180109

ウォーターカラー。これ、なんに使う?

Dr180110

ヴィンテージ。古い写真風といったところか。

Dr180111

パートカラー(赤を選択)

Dr180112

以上。

正直、あの1/72ドラムロがこうなるとは思ってなかったですねえ。

この本のおかげです。

Dr180052

ロボット魂では出来のいいオーラバトラーが出てるんだから、プラモもリニューアルしてほしいですねえ。まあ無理だろうし、あったとしても高額になるんだろうねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«オーラバトラー ドラムロ (1/72 BANDAI) その4